春の結婚式は華やかに! お花の節約方法

春の結婚式,華やか, お花の節約方法


春に結婚式を挙げようと考えている方は、季節を意識して「お花」をたくさん使ったウエディングにしたいと希望される事があると思います。しかし、お花は一見すると手頃な価格で取り入れられるように見えるかもしれませんが、結婚式を彩る規模で用意しますと、その費用は決して安くはなくなります。そこで、結婚式の会場でお花を使う場所や節約方法、そのほか注意点について紹介していきます。

まず結婚式場でお花を使う場所を把握しておこう

過去に他の方の結婚式に出席した事のある人であれば、会場のどこにお花が使われていたか記憶に残っているところもあると思います。ですが、一度も出席した事がなかったり、覚えていなかったりする人にとって、どこにお花を使うのか全くイメージがつかないという事もあるでしょう。

まず、ご新郎ご新婦が主にいる「メインテーブル」です。ここには会場の中でも割と豪華に彩られる事が多いです。また、ご新婦が手に持つ「ブーケ」も、生のお花が使われたり、造花であったりします。ゲストの皆さまが座る席である「ゲストテーブル」も、それほどたくさんは飾りませんが、お花を飾るのが一般的です。

また、ウエディングケーキそのものをお花で彩ったり、ケーキを置くテーブルにもお花を飾ったりして、ケーキを華やかに見せるのも多い傾向にあります。そしてご両親への「贈呈品」です。流行によって変わり、人形や三連時計などを渡される事もありますが、やはり基本は花束である事がよく見られます。

そして会場の入り口であるウエルカムボードや、フラワーシャワーを行う会場、ご新郎ご新婦の身につけるお花など、さまざまな場所で使われます。ひとつひとつにこだわりを強く持つと、費用が高くかさみやすいです。

お花の節約のポイント

結婚式に使用するお花を、どのようにして節約すればよいのかは気になるポイントでしょう。華やかさを残しつつ、上手に節約するよう計画します。

メインテーブルを小さめにする

メインテーブルが大きければ大きいほど、華やかにするためのお花は、それなりの量を必要とします。なので、メインテーブルのサイズを小さめにすると、お花の量も抑えられます。また、テーブルサイズを小さくする場合、高砂ソファを取り入れると印象を変えられるでしょう。ご新郎ご新婦の距離が近くなったり、アットホームな雰囲気になったりします。

予算をきちんと伝える

結婚式のお花による装花は、フラワーコーディネーターが主に対応します。自分たちで全てを用意する事も可能ですが、会場の雰囲気やテーマに合わせて用意するのであれば、専門の人に任せた方がよいです。そこで、節約したいという希望をご新郎ご新婦の担当者やフラワーコーディネーターにあらかじめ伝え、予算を決めておくと、それに応じた装花をしてくれます。

お花の指定をしない

自分たちが使いたいこだわりのお花がある人もいると思います。しかし、お花を指定すると、単価の高いものですと費用がかさみやすいですし、季節外れの種類は価格が高くなりがちです。今の季節にあったお花で、自由にコーディネートしてもらった方が、費用を抑えられる可能性が高いでしょう。

持ち込みOKの場合はできるだけ持ち込む

結婚式の会場にもよりますが、お花の持ち込みが許される事もあります。自分たちで用意出来るお花があるのであれば、持ち込みをした方が費用を抑えやすいです。ただ、余裕を持って早めに買いすぎると花が傷んでしまいますので、なるべく直前に用意しなければなりません。

リボンやお花紙などの活用

お花ではなく、リボンやお花紙など、別のものを代用して会場を彩る方法があります。お花に比べるとずっと費用がかかりませんし、自分たちで作り上げていくような充実感や達成感もあるでしょう。今では、100均のアイテムを使って飾る人も少なくないため、費用削減のために役立ててみてはいかがでしょう。

オンシーズンのお花を用いる

お花はシーズンによって値段が変わる場合があります。シーズン中のお花は入手しやすく、市場に多く出回っているので安くなりやすいです。しかし、季節外れのお花は量が少なく、価格が高くなる傾向にあります。なるべく、季節にあったお花を取り入れましょう。

お花を節約する際の注意点

お花を節約すると、結果的に結婚式を挙げる総費用の負担を減られます。ご新郎ご新婦によって経済的な負担を減らせるのは助かる事かもしれませんが、あまりにお花を減らしすぎると、会場が寂しい雰囲気になってしまいます。減らすにしても、あまり目立たないところを減らしたり、あるいは代用品で別の形で彩ったりするなど、ちょっとした工夫が大切でしょう。

結婚式に使われるお花の量はとても多いです。そのために、どうしても費用が高くなりやすいのですが、そこを節約するかどうかは、ご新郎ご新婦の判断です。節約するにしても上手に工夫する必要がありますし、会場の雰囲気を寂しくさせない程度にしたいものです。お花で節約したいと考えている方はぜひ、これらの知識を参考にしてみてください。


wedding