クリスマスに結婚式を挙げるのは迷惑?クリスマスウエディングを成功させるには

クレアージュ リゾート:クリスマス結婚式 迷惑? クリスマスウエディングの成功秘訣


1年の中でも特に大きなイベントであるクリスマス。この時期ならではの飾りつけや音楽も多く、「クリスマスに結婚式を挙げたい」と考えている方も多いでしょう。しかし、皆が楽しみにしているイベントだからこそ「迷惑になるのでは?」と悩んでしまうのではないでしょうか。そこで今回は、クリスマスの結婚式について解説していきます。

クリスマスイブ・クリスマス当日に結婚式を挙げる魅力

12月は全体的にクリスマス気分が盛り上がる月です。中でも24日の「クリスマスイブ」、25日の「クリスマス当日」に結婚式を挙げるメリットは何でしょうか?

まずはクリスマスらしい飾りつけ・演出ができることです。ツリーにプレゼント、きらびやかな装飾、クリスマスソングと、思いっきりクリスマスを楽しめる結婚式ができます。式場の飾りつけは一般家庭ではできないようなものばかり。クリスマスという特別な日を特別な空間で過ごす楽しみを、ゲストの皆さまにも提供することができます。

クリスマスシーズンは結婚式場やホテルもイルミネーションやライトアップに力を入れる時期です。冬の澄んだ空気の中の幻想的な光は、他のシーズンにはない演出となるでしょう。そのためナイトウエディングもおすすめです。

また、3連休になる可能性があるのもメリットでしょう。クリスマスイブの前日、12月23日は天皇誕生日で祝日です。24・25日が土日にあたる年は、3連休になるでしょう。連休になればゲストの皆さまも都合をつけやすくなり、遠方の方も足を伸ばしやすくなるはずです。

さらに、12月は結婚式のオフシーズンです。繁忙期である春や秋に比べ、安いプランも揃っています。費用を抑えながらも、他の季節にはない充実した演出を楽しめるでしょう。

クリスマスウエディングに招待するのは迷惑にならない?

クリスマスウエディングはとても素敵ですが、やはりクリスマスは誰にとっても大切なイベントです。招待することが迷惑になるのでは……と心配に思う方も多いのではないでしょうか。

結論から言えば、相手によっては迷惑に感じてしまう場合もあります。そのため、誰にでも声をかけるのではなく、招待する方を選ぶようにするとよいでしょう。以下のような方はクリスマス当日の結婚式が迷惑に感じてしまう可能性があるため、避けた方が無難です。

小さな子どもがいる方

まだ子どもが小さい方にとって、親子で過ごすクリスマスは家庭の大切な年中行事です。24日には家族でパーティをしたり、25日にはサンタさんにもらったばかりのプレゼントで遊んだりしたいと考えるでしょう。

毎年年末年始を海外や遠方で過ごす方

年末年始の休暇を、毎年海外や遠方に旅行して過ごす方も多くいます。混む時期なので、慣れている方は早めに飛行機やホテルをおさえているため、招待状を送る頃にはもう予定が入っている場合があります。

早めに帰省する方

地方から出てきて仕事をしている場合、年末年始は帰省しようと考える方が多いでしょう。職種によってはクリスマスシーズンには既に帰省していたり、帰省の準備でバタバタしていたりするかもしれません。

恋人がいる方

カップルにとって、やはりクリスマスは特別なものです。ふたりきりで過ごしたいと考える方が多いでしょう。恋人を1人置いて結婚式に出席することを、心苦しく感じさせてしまう可能性があります。

クリスマスや年末シーズンに仕事が忙しくなる方

12月は多くの職種にとって繁忙期です。特にサービス業の場合、クリスマスや年末シーズンは仕事が非常に忙しくなります。クリスマス当日の休みは取りにくいため、困らせてしまうかもしれません。

また、勤め先にもよりますが多くの会社にとってクリスマスの時期は年末進行や忘年会で忙しくなります。特に年配の方などは、クリスマス当日の挙式を非常識に感じてしまうかもしれません。更に会社関係の方はプライベートの事情やスケジュールを把握しにくいため、できれば上司や取引先の方は避けた方が無難です。身内や友だちだけの挙式も検討してみるとよいでしょう。

クリスマス当日に結婚式を挙げる際へのゲストの皆さまへの配慮

クリスマスウエディングを行う際は、他のシーズンにはない配慮も必要になります。

招待のご案内を早めに送るというのは、どの季節でも同じことですが、クリスマスの挙式は特に注意しましょう。旅行や帰省をはじめ、クリスマスはどう過ごそうか早くから考えている方も多くいます。スケジュールの都合をつけやすいよう、早めに招待状を送りましょう。招待状より前に、メールなどでお伝えしておくと丁寧です。迷惑になってしまわないか心配な時は、午前中の挙式にして夜はゲストの皆さまもそれぞれのクリスマスを楽しめるようにするという手段もあります。

また、ゲストの皆さまもクリスマスらしい特別な演出を期待していると考えられます。思いっきりクリスマスを味わえる演出を用意して、皆で楽しめるように配慮するとよいでしょう。たとえば、ツリーを設置するのがおすすめです。ウェルカムスペースに大きなツリーを用意すると、一気にクリスマスムードが高まります。そのほか、プレゼントや靴下をたくさん並べたりキャンドルを灯したりして盛り上げましょう。雪だるまを置くと可愛らしさも演出できます。

あわせて、会場のデコレーションは赤や緑でまとめましょう。花を飾るなら赤と緑が鮮やかなポインセチアがおすすめです。またホワイトやシルバー、ゴールドでまとめると大人っぽい雰囲気になります。テーブルコーディネートもクリスマスカラーがおすすめです。料理やデザートには七面鳥やジンジャークッキーなどクリスマスらしいメニューを。またウエディングケーキもツリーやプレゼントに見立てたデザインがよいでしょう。

さらに、せっかくのクリスマスですからウエディングドレスにも工夫を凝らしてみましょう。ゴールドや赤・緑のワンポイントを入れたドレスはいかがでしょうか。ヒイラギのヘアアクセやポインセチアのブーケもおすすめです。お色直しには、思い切ってサンタクロースをモチーフにした衣裳にするのもよいでしょう。

ゲストとしてお子さまが参列される場合は、サンタクロースからゲストの皆さまにプレゼントを配る演出があると、ワクワク感をプラスできます。きっと喜んでもらえるでしょう。

普通の日ではなかなかできない演出も、クリスマスならアイデア次第でふんだんに取り入れることができます。貴重な1年に1回のクリスマスに結婚式を挙げるなら、ゲストの皆さまにも楽しんで頂けるような工夫をこらしましょう。


wedding