春の結婚式で活かしたい桜の活用術

四季の丘:春ウエディング 桜 ドレス


春と聞いて真っ先に思い出すものはなんでしょうか。春と言えば「桜」の季節という考え方が一般的かと思われます。日本人にとって馴染み深く、春の少しの間しか楽しむことができないという点も魅力のひとつでしょう。そんな特別感の強い「桜」だけに、自身の結婚式で使いたいと考える花嫁さんも多いのではないでしょうか。そこで今回は、春の時期ならではの結婚式で活かしたい桜の活用術についてまとめました。

結婚式で桜を使用する前に知っておきたい花言葉

「桜」と一口に言ってもいくつかの種類があります。桜は桜でも、品種によって異なる花言葉があることをご存知でしょうか。今回は、4つの桜の花言葉についてご紹介します。

シダレザクラ

花言葉は「優美」「ごまかし」「淡白」で、3月の下旬頃から4月の下旬頃が開花時期となっています。シダレザクラは、「枝垂桜」と漢字で書くことからも想像できる通り、柔らかい枝に垂れ下がっている桜の総称です。同じ枝垂桜でも、いくつかの品種に別れており、主に次のようなものが代表的です。

淡い紅紫色の八重が美しい「八重紅枝垂」、淡紅色で八重の花を咲かせる「雨情枝垂」そして、淡紅色で一重の小さな花が風流な枝垂桜である「糸桜」などです。

八重桜

花言葉は「善良な教育」「豊かな教養」「しとやか」といったものになっており、聡明な印象が特徴的です。開花時期は、4月の上旬頃から5月の下旬頃となります。沢山の花びらが重なる桜で、豪華な印象が感じられます。華やかなイメージの結婚式に、適しているといえるでしょう。

ソメイヨシノ

「純潔」「優れた美人」といった花言葉があり、まさにきらびやかな花嫁を彩る花として適しているといえるでしょう。開花時期は、3月の下旬頃から4月の上旬頃といわれています。日本で圧倒的に多く植えられているのが、このソメイヨシノとなります。特徴は、葉が出る前に花びらが、木全体を埋め尽くすように咲き乱れる点です。発祥は明治初期に遡り、東京豊島区染井の植木職人が「吉野桜」という名前で売り出したことが由来といわれています。

ヤマザクラ

こちらの花言葉は「あなたに微笑む」「純潔」「高尚」「淡白」「美麗」と比較的多く、いずれも高貴なイメージが感じられます。開花時期は、3月の下旬から4月下旬です。古来から続く日本の桜の中では、特に代表的な桜となっています。なぜなら、古くから詩や歌に詠まれ親しまれてきた桜こそが、このヤマザクラであるためです。そのため、今回挙げた4つの中でも和風の結婚式に合いやすい品種かもしれません。

桜を活用した結婚式に合うテーマカラー

桜をイメージした時に真っ先に思い浮かぶ色は、「ピンク」かと思われます。淡く可愛らしいイメージのピンクは、純白の白いウエディングドレスとも相性がよいです。桜を結婚式に使おうとした際にピンクや白を用いた配色は勿論ですが、「ブルー」をテーマカラーにするのもおすすめです。なぜなら、品のよい淡いブルーは、空や海など広大な雰囲気をイメージできるため、自然の中に桜がポッと咲いたような印象を連想させることができるためです。また、ブルーには平和や誠実、清潔、爽やかといった意味合いもあるため、めでたい席、旅立ちのイベントである結婚式にはうってつけといえるでしょう。

結婚式での桜の活用術

ガーデンウエディングなど、外での結婚式を検討している場合は、桜の木がある会場を探すのも有効かもしれません。桜の華やかな印象と、屋外ならではの爽快感や青空が、より一層雰囲気を高めることでしょう。ですが天候や毛虫、花粉症などが気になるのも事実です。来場者のことも考えるのであれば、やはり会場内で準備する形が無難といえます。

会場内で活用できる桜を使った演出にはキャンドルツリーやウエディングツリーなどがあります。

キャンドルツリー

キャンドルツリーは、桜の木をそのままテーブルや会場内に飾ってツリーとしてキャンドルを吊るして飾りつけしたものです。会場を少し暗くすることで、夜桜の雰囲気を演出することができるのが魅力であり、ナイトウエディングや再入場の演出として取り入れることがおすすめでしょう。キャンドル以外のものも一緒に飾るとさらに華やかな印象になるでしょう。

ウエディングツリー

ウエディングツリーは、ゲストの皆さまに出席してもらった証明として、スタンプやシールを張ってもらうことで1つの木を完成させる人気の演出です。人前式で用いる場合が多く、参加者みんなで作ってもらうツリーとなるため、印象的です。ゲストの皆さまのテーブルに桜を飾るのも、お花見気分が味わえて喜ばれるかもしれません。またその他、ブーケや花飾りとして桜を取り入れることにより、春に結婚式を挙げた花嫁さんならではの可愛らしさを演出することもできます。

桜を使った結婚式でゲストの皆さまにもてなしたい「桜湯」とは?

桜湯とは、塩漬けにした桜の花びらをお湯に入れた飲み物です。結婚式だけではなく、結納などのお祝いの席で、もてなす際に出される飲み物でもあります。結婚式での食事は、最後にコーヒーか紅茶が出されることが多いです。そんな中、見た目が可愛く、またほんのり桜の香りも楽しめる桜湯で最後までこだわれると、他とは違った演出となり、より印象的に感じてもらえるかもしれません。

日本が誇る国花のおひとつでもある「桜」を使った結婚式は、日本人のみならず、外国人の招待客にも喜ばれることうけあいです。また桜は、1年の中でも1週間程度しか満開にならない花でもあります。それだけに、季節を感じられ、ゲストの皆さまの心に残ること必至です。空間全体がピンクのイメージに包まれ、幸せな印象をよりアップしてくれることでしょう。春に挙式をされる方は、ぜひ桜を使った演出を検討してみてください。


wedding