職場の同僚に贈る結婚祝いのプレゼントを選ぶ際のマナー

熊本ウエディングパティスリーボンボニエールのスイーツ、プレゼント


職場の同僚が結婚するとなった場合、どのようなプレゼントを贈れば喜んでもらえるのでしょうか?ここでは、結婚祝いのプレゼントを選ぶ際のマナーについて説明します。素敵な結婚祝いをプレゼントするためにも参考にしてください。

誰にでも喜ばれる手作りの贈り物

結婚祝いとは、結婚が決まったおふたりに祝福の気持ちを込めて贈るプレゼントですから、心を込めた手作りのプレゼントは喜ばれます。ただし、普段使うことが出来ないもの、あっても困るようなものですとせっかくプレゼントしてもらっても受け取った側は困ってしまいます。普段使いできるようなアルバムや記念になる時計や食器などを手作りして贈り物としてプレゼントするといいでしょう。

今までの思い出の写真をアルバムにしたり、オリジナルの時計や食器を手作りすればきっと喜んでくれるはずです。

新生活に役立つ物

金券類

結婚が決まって新生活の準備をするときに何かと入用です。その人の趣味もあるので何かものを上げることがためらわれる場合には金券類をプレゼントするといいでしょう。デパート共通券などは実用的で喜ばれるでしょう。

ディナー券

金券を贈ることが実用的過ぎる……と考えているのであれば、ディナー券がいいでしょう。普段なかなか行かないようなお店のディナー券をプレゼントして、「これでゆっくりしてきてね」と言えば、同じような金券であっても実用的な感じはしませんし、ありがたいと思うでしょう。

家電製品

同僚が欲しがっていた家電の種類がわかるのであればそれを結婚祝いとしてプレゼントすると良いでしょう。ただし、もうすでに購入しているとかぶってしまうので、購入する際にはよく確認してからにしましょう。

何が喜ばれるか迷ったときには?

カタログギフト

何を贈れば一番喜ばれるのかと考えれば考えるほど、ドツボにはまり、わからなくなってしまいます。そんなときにはカタログギフトが良いでしょう。相手の1番好きなものを選ぶことができる結婚祝いのプレゼントのカタログギフトにすれば、新生活に必要ものをその中から選んでもらうことができます。金額もあからさまには分からないものですから、印象も良いものです。

タオル類

タオル類はいくらあっても困らないものですし、定番の贈り物です。タオルは生活必需品ですが、普段自分では買えないような高級タオルを贈り物にするといいでしょう。デザイン性があるものではなく、あえてデザインはシンプルなものが無難です。オーガニック素材のものや、今治タオルなどを選ぶ人が多いようです。

結婚祝いに適切でないものはある?

一般的に結婚祝いのプレゼントは、「縁が切れる」、「壊れる、割れる」という言葉を想像するような品物は、避けるべきです。縁起が悪いと思われてしまうからです。そのため刃物や割れ物は適していません。包丁、ハサミ、ナイフなどの刃物や鏡、グラス、食器類などの割れ物は結婚祝いの贈り物としてはあまり適さないでしょう。

ただし食器や包丁などのキッチン雑貨は新生活に役に立つ商品なので、本人からの希望があればそれを結婚祝いのプレゼントとして贈っても問題はありません。

同僚への結婚祝いの相場はどのくらい?

同僚への結婚祝いは1万円~2万円程度が相場だと考えられます。2という数字は割り切れるので夫婦の仲が裂かれるという意味合いがあり、良くないと一昔前は言われていた時期もありました。2だけではなく偶数は避けられていた数字です。

しかし、お金のことなので、無理やり奇数にするために、送る側が無理をしたり、金額を下げることは得策ではありません。ご祝儀が2万円になる場合では、枚数を奇数にすることで気持ちを表してみるのも良いでしょう。1万円札を1枚と5千円札を2枚の合計3枚にして「2万円だけど3枚」という形で送るのも縁起が悪いことを避ける手段でもあります。

そして、結婚祝いのお札は新札を使いましょう。こういったお祝いごとはいつなんどきに起こるか分からないものですから、普段からかばんに新札を数枚用意しておくのも、社会人のマナーともいえます。もし、どうしても銀行に行く時間が作れなかった、用意ができなかったという場合には、アイロンがけや、なるべくきれいなお札を探すようにしてください。

結婚祝いのプレゼントを選ぶ際には相手が何を1番欲しいと思っているのかを前提に考えましょう。切る、切れる、割れるは縁が切れるをイメージするので、ハサミやナイフ、鏡、グラス、食器などは結婚祝いのプレゼントとしてふさわしくないと考えられているものもあるので注意が必要です。ただしその商品を新生活で使うからプレゼントしてほしいなどと同僚が希望するのであれば結婚祝いのプレゼントとして贈っても何の問題もないでしょう。1番に考えるのは、相手と自分との関係性を考えて、相手が1番喜んでくれるものを選んでプレゼントすることでしょう。


bonbon