結婚内祝いを贈る際のマナー

熊本ウエディングパティスリーボンボニエールのスイーツと内祝いのマナー


結婚式に参加した人にはご祝儀を頂いています。中には結婚式に参列されなかった方からもご祝儀だけを頂くケースもあるでしょう。結婚式に参列してくださった方には引き出物を渡していますが、ご祝儀だけを頂いた方には引き出物は渡せていません。その代わりに結婚内祝いを送る必要があります。非常識と思われないように結婚内祝いのマナーについて正しく理解しておきましょう。

結婚内祝いとは?

おめでたいことへのお祝いをいただいたあと、そのお返しとして贈るのが内祝いです。結婚式に招待した方への内祝いは、引き出物がこれにあたりますので、贈り物をする必要はありません。

結婚式に招待しなかった人からお祝いをもらった場合は、結婚内祝いを贈りましょう。結婚内祝いと一緒に、結婚祝いのお礼とこれからもよろしくお願いしますという内容のお礼状を添えると完璧です。

結婚内祝いを贈るタイミング

結婚内祝いを贈る時期はいつでもいいわけではありません。贈るタイミングがあります。タイミングを大きく逸脱してしまうことがないよう、どのタイミングで贈るべきか確認をしておきましょう。

挙式後なるべく早く送ろう

結婚の内祝いを贈るタイミングは、挙式後なるべく早く、1ヶ月以内を目安にしましょう。いただいてから1ヶ月以内にお返しすることが基本ですが、もし遅れてしまった場合は、「遅くなって申し訳ないです。」と一言お詫びをすると失礼がないです。

結婚内祝いはできるだけ手渡しがベストです。結婚したことの報告も兼ねて相手のもとを内祝いの品を持参して伺うといいでしょう。ただしかなり遠方の場合には郵送をしてもかまいません。

結婚披露宴に招待した方には、引き出物が内祝いになるので、改めて結婚内祝いを贈る必要はありません。披露宴に招待できなかったのに結婚祝いをいただいた方に対して、お返しとして結婚内祝いを贈ります。

結婚内祝いの金額の目安

結婚内祝いの金額はご祝儀の金額によって決めましょう。目上の人やご親族ならいただいた結婚祝いの3分の1~半額程度が目安です。目下の人の場合は同額程度の内祝いの品物を選んで贈ります。金額のことをあれこれ気にするのは嫌だと思うのであれば、結婚式の引き出物と同じ品物を結婚内祝いとして贈っても良いでしょう。

結婚内祝いのギフトにはどのようなものを選ぶと良い?

結婚内祝いで選ばれるギフトで人気のものを紹介します。

日用品

日用品は消耗品ですからいくらあっても邪魔になることはありません。特にタオルなどは高級なものであればなかなか自分では買わないのでありがたいと思われるでしょう。ただし消耗品だからと言っても洗濯用洗剤を贈るときには気を付けるべき点があります。家庭によっては洗濯用洗剤にこだわりを持った人がいます。このメーカーのものしか使わないという人のところに別のメーカーの洗濯用洗剤を贈っても迷惑に思われてしまう場合があります。洗濯用洗剤を贈るときにはこだわりがないのかを考慮して贈るようにしましょう。

カタログギフト

何を選べば良いかわからないときや、その人の好みがわからないときはカタログギフトが便利です。好きな物を自分で選んでもらえるというメリットがあることから、定番の人気商品となっています。

お菓子の詰め合わせ

お菓子の詰め合わせも定番の内祝いの商品です。お菓子を送って嫌がられることはありません。ただし消費期限には気を付けましょう。家族が少ない家庭に贈る場合あまり消費期限が短いと食べきれなくなってしまいます。家族構成などを考慮してギフト選びをしましょう。

結婚内祝いでのタブーは?

せっかくの内祝いを台無しにしないためにも、内祝いのタブーとなっているものを知っておきましょう。

結婚の際にご祝儀を頂いたからと言ってもその金額よりも高額なものや相手が負担を感じてしまうほどの豪華なものを内祝いにすることは避けましょう。特にギフト券や金券にすればその金額がはっきりとわかってしまいます。商品券など金額のはっきり分かるものを目上の方に贈るのはタブーとみなされているので注意が必要です。

結婚のお祝いの品物で割れるや切れるを連想するものを贈るのはタブーだとされていますが、結婚内祝いに関しても同じです。刃物や割れ物は内祝いの贈り物としてはふさわしくありません。また、ご家族が少ないのにもかかわらず大人数用の食器セットを贈ったり、大量の生ものを贈ったりすることがないよう注意しましょう。

結婚のお祝いしてくださった方には、結婚式のあと1か月以内には結婚内祝いを贈ることを忘れずに行いましょう。結婚内祝いを贈る際にもいろいろと守るべきことがあるので、マナー違反とならないように注意が必要です。結婚内祝いはタオルやカタログギフト、お菓子などを選ぶのが一般的のようですが、相手の年齢や家族構成も考慮して、喜んでもらえそうな品を慎重に選ぶといいでしょう。上記を参考に相手が不快な思いをすることなく喜んでもらえるような結婚内祝いを選んでください。


bonbon