結婚内祝いで食べ物を贈るのはあり?なし?

熊本ウエディングパティスリーボンボニエール:内祝い:お菓子


結婚祝いのお返しである内祝いですが、何を贈っても良いというわけではありません。刃物や割れ物など別れを連想させる物品は、やはり結婚内祝いとしては避けた方が賢明です。では、食べ物を贈るというのはマナー違反になるのでしょうか?結婚祝いで食べ物を贈る際に注意すべき点を紹介します。

結婚内祝いに食べ物を贈るのはあり?なし?

結論から言うと、結婚祝いに食べ物を贈るというのは「あり」です。食べれば消える食べ物は、もらった相手にも負担が少ないギフトと言えるでしょう。ご新郎ご新婦の名前入りの雑貨など、日常生活の中でどう使ったら良いか困惑するような品物よりも、むしろ喜ばれる傾向さえあります。

結婚内祝いとして食品を贈るという伝統は、実は結構昔からあります。かつては紅白の砂糖が定番といった時代もありました。「内祝いは消耗品」という傾向が特に最近は強いようですし、食品を贈るというのは決してマナー違反ではありません。ただし、内祝いにふさわしいもの避けるべきものがあるので、その点だけは注意するようにしてください。

どんな食べ物が喜ばれる?

結婚式の内祝いとして食べ物を贈る場合、お菓子の詰め合わせやフルーツなどが定番です。少量でもかまわないのでもらった人が「うれしい」と思えるようなワンランク上の品物を、心を込めてセレクトするようにしましょう。内祝いに贈りたい食品のカタログなどもあるので、参照してみるのも良いでしょう。

縁起が良いものとしてはバームクーヘンもおすすめです。「幾重にもともに年を重ねることができるように」「ご家族が増えるように」といった意味を込めることができる、まさに結婚式の内祝いにふさわしい1品といえるのではないでしょうか。

スイーツや果物などの甘いものも悪くはありませんが、毎日の食卓で使えるようなものもおすすめです。ちょっと贅沢な牛肉、魚介類、干物、漬物など、日々の食事をパッと華やいだものにしてくれるものは、もらってうれしいものといえるでしょう。「普段は気安く手を伸ばせないけれど、ちょっと味わってみたい贅沢」そんな食べ物ならば、多くの人を喜ばせるもの。ご自分でも「もらってうれしい」と思える食べ物ならば、間違いないといえるかもしれません。

食べ物を贈る際に配慮すべきこと

上手に贈れば相手をとても喜ばせることができる食べ物ですが、ひとつ間違えると大変な迷惑になってしまうことも忘れないようにしましょう。贈り物は何でも相手への配慮が大切なものですが、特に食品には細心の注意が必要なのです。

まず、消費期限をしっかりとチェックしてください。1週間以上、できれば1カ月近く消費期限があれば、まず迷惑になる心配はありません。ただし、そうなると選択肢はかなり限られてきます。親しい間柄だったり、先方のご家族の人数が多くすぐに消費できることがわかっているならば、高級牛肉などを贈っても問題ないでしょう。

ここで注意しなければいけないのは、消費期限と賞味期限は違うという点です。賞味期限とは「美味しく食べることができるのを保証する期間」で、消費期限より短く設定されています。消費期限内であれば賞味期限が切れていても食べられると考えている方もいるかもしれませんが、賞味期限切れの食品に抵抗のある人も少なくありません。消費期限が長いことを期待して贈った商品に、間近に迫る賞味期限が記載されていては、心象を悪くしてしまうこともあるでしょう。必ず、消費期限、賞味期限を確かめてから贈るようにしたいところです。

また、食べ物というのはどうしても好き嫌いがあるものです。どんなに高級な松阪牛であっても、牛肉そのものを嫌いな人には価値はありません。せっかく奮発した贈り物がただの迷惑になってしまう可能性もゼロではないのです。できれば事前に相手の好みをリサーチしておくようにすると良いでしょう。

そうとはいっても、内祝いを贈る相手全員の好みを把握するというのはおそらく難しいでしょう。ほとんどの人がアレルギーをおこす心配がなく、なおかつ嫌われない食品としてはお米などの必需品が無難ともいえます。そこにブライダルらしい華やぎを添えるならばブランド米を選択するなどの工夫をしてみるのもおすすめです。

いかがでしたでしょうか。結婚内祝いとして食品を贈るというのは、けっしてマナー違反ではないことがお分かりいただけたと思います。それどころか、置き場所に困るようなこともないので喜ばれることもあるくらいで、むしろ内祝いとして適切な選択とも言えます。
ただし、食品なので消費期限、賞味期限などには十分注意する必要があります。また、受け取る相手にアレルギーがないか、苦手な食品ではないかなど事前にいくつかの項目はしっかりとチェックしておくようにして下さい。

このように食べ物を結婚内祝いとして贈る際には、注意すべき点もありますが、日頃味わえないちょっとした逸品を贈れば、喜んでくれる人は多くいらっしゃいます。贈った相手が笑顔になれるようなものを賢く選択して、感謝の気持ちをあらわしてみてはいかがでしょうか。


bonbon