結婚報告を職場にする際のタイミングやマナー

クレアージュリゾート大自然と花嫁


パートナーと結婚の話をし、お互いのご両親への挨拶も済ませていよいよ結婚の準備を進めていこうとするとき気になるのが職場への結婚報告についてではないでしょうか。まだ結婚したわけではないけれど、挙式準備や新婚旅行などのスケジュールを組むにはどうしても仕事を休まなくてはならないことが出てくるものです。それなら結婚が決まった段階で職場へ報告するべきでしょうか。ここでは仕事を持つご新郎ご新婦がいつ職場へ結婚報告をいつするのが良いか、報告の内容はどんなものが良いかなどについて解説します。

職場への結婚報告でタイミングやマナーを守る必要性

結婚はめでたいことですが中には妬みなどから祝福してくれない人もいるかもしれません。しかしだからといって結婚する予定があることを隠していては、今後ばれてしまったときに人間関係へ影響を及ぼしてしまうことがあります。また、結婚式を会社関係の人は呼ばずご親族だけで挙げる場合でも今後結婚によるさまざまな変化や影響を考えると報告しておいた方が安心です。

それに、結婚式や披露宴、新婚旅行などで休暇を取るときには周りの人に協力をお願いするシーンが必ず出てくるので、結婚の話がある程度まとまった時点で職場へ報告をしておく必要があります。

職場に結婚の報告をするタイミング

連絡や報告はできるだけ早くするべきとはいえ、まだパートナーからのプロポーズを受けた段階で会社へ報告するのはやや早すぎるでしょう。せめてお互いのご両親に挨拶へ行き、結婚の許可を受けてからにしましょう。

職場への結婚報告の目安は結婚する3~4ヶ月前頃で、ちょうど結納を済ませたあとくらいになります。結納は公に結婚の約束をすることなので、結納がすんでいれば職場を初め周囲へ結婚の報告をしやすくなるでしょう。

もし結婚を機に退職を考えている場合でも、退職希望月にすぐ退職願を出すのではなく退職を考えている月の3~4か月ほど前に結婚についての具体的な報告ができるように準備を進めておくことです。

結婚報告の順番

結婚の報告を職場で公式に行う場合はまず直属の上司へ報告をしましょう。その後上司からの指示を受けて、上長、職場全体、同僚の順番で報告することがのぞましいです。仲の良い同僚がいればその人たちから先に結婚の報告をしてしまいがちですが、もし先に話したとしても職場へ報告するまでは内密にしておいてもらった方が職場での結婚報告がスムーズになるでしょう。とはいっても噂はすぐに広まってしまうためできるだけ早く上司への報告をすませることがおすすめです。

それから結婚報告をするのは就業時間内では私事のため印象があまりよくないので、仕事が終わってから改めて上司に時間をとってもらったところで報告をするのがおすすめです。もし同じ職場内での結婚の場合はおふたりが同じタイミングでそれぞれの上司に結婚報告をすることがポイントで、どちらかの耳にしか入っていなかった場合もう一方の上司からの印象が悪くなってしまう可能性があります。

できるだけ結婚式や披露宴などに呼ぶ人を大体決めてから職場へ報告すると、招待の話もできるため伝え方が変わってくることでしょう。話があまりまとまらないまま、「職場の人にも参列してほしい」と伝えてしまうと、その後でご親族のみの挙式が決まった時など気まずくなってしまうかもしれません。

職場で報告すべき内容

職場の上司を初めとして結婚報告をする場合には、まず相手の簡単なプロフィールを紹介してから、今後の働き方がどうなるのかまた変化があるのか、そして結婚式や披露宴などへの招待の有無などを報告しましょう。こういった内容の説明が必要になるため、あまりに早すぎる職場への報告は詳しいことが伝えづらくなってしまうのです。

そして女性の場合は結婚後も働く意思があるかを伝え、結婚することで職場での姓名変更はするのかどうかや妊娠出産しても働くかどうかなど、周りに協力をお願いする場合があることも伝えておきましょう。

それから職場の人たちへの報告の他には書類上で勤務先の会社へ報告する必要があります。結婚により姓名や住所、家族が変更になるときの身上変更申請書、お祝い金受け取りに必要な慶弔金申請書、住む場所が結婚によって変わる場合には通勤手当区間変更届といった書類を作成し会社へ提出しましょう。その他にも雇用保険・社会保険・住民税に関する手続きについては結婚の報告がされてから会社で進めてくれるためお任せしておけば大丈夫です。

毎日忙しく働く中での職場への結婚報告は、うれしいことですが手間がかかると思う部分があるかもしれません。しかし今後もその職場でお世話になるのならきちんと報告をしておいた方が人間関係のためにもよく、もし退職をする場合でもその後どのように関わりがあるかわからないので問題なくスムーズに結婚報告をしておきましょう。結婚について、挙式や新婚旅行などの都合で周りに協力をお願いする機会が出てくる可能性を考え、きちんと伝えておくと安心です。


entry-ceremony-banner