SNSやネット上で出会った人との結婚は周囲の人にどう伝えるべき?

8100323SO_101791


SNSで出会ったカップルの中には「ご両親にどう伝えたら良いかわからない」などの理由で結婚に踏み切れずにいる人たちもいるかもしれません。しかし、これだけSNSが流行している現代において、そこで出会うということは決してはずかしいことではありません。SNSやネットで出会った場合、結婚報告はどのように行ったら良いのか説明しましょう。

SNSやネット上での出会いのメリット

SNSやネットで出会ったというと、特に年配者などは良いイメージを持たないかもしれません。しかし、実際はそういった出会いにはさまざまなメリットがあります。まず、趣味や価値観を共有できる相手を見つけやすいのは何よりの利点なのではないでしょうか。合コンのような席ではノリや容姿が何よりも重視されがちです。しかし、ネットではその人となりが注目されるので、より純粋な気持ちで相手を好きになることも多いともいわれていますし、決して後ろめたく思うことはありません。

SNSやネット上での出会いを隠すデメリット

顔の見えない状態で知り合った相手と結婚するというのは、なかなか周囲に言いづらいことかもしれません。実際に、隠していたのがばれてしまった場合、印象は悪くなってしまうでしょう。SNSで知り合った友人を通じてなど、どんなに取り繕ってもどこかからわかってしまう可能性は高いため、出会いを隠すことにメリットはあまりありません。

また、下手に隠してしまうと、結婚式でおふたりの馴れ初めをなんと説明してよいのか困ってしまいます。「馴れ初めはSNSです」と、結婚式で公言することは、年配者も多く列席している中で気恥ずかしいものがあるかもしれません。しかし、最近ではSNSで活躍しているシニアも多く、案外すんなりと受け入れられる可能性もあるので、あまり気負わずにカミングアウトしてもよいでしょう。

ご両親への報告はどのように伝えるべき?

結婚式の前にお互いのご両親に報告する時も、SNSやネットで出会ったことを正直に伝えることをおすすめします。しかし、インターネットになじみがない方などは「出会い系ではないのか?怪しい相手だったらどうするのか」と、勘違いしてしまう方もいるでしょう。そうではなく、趣味などを通じて知り合ったことをしっかりと伝えるようにしたいところです。

仮に出会い系で知り合ったとしても、そのままストレートにいうのはおすすめできません。嘘を言うことはよくありませんが、「ご友人にすすめられて登録した結婚マッチングサービスで知り合った」など、なるべくご両親が抵抗のないように、言葉を選んで説明するようにしましょう。

ご友人や職場の方への報告は?

結婚式に参加するほどでもないご友人、職場の同僚などに対しては、必ずしも本当のことを告げる必要はないかもしれません。やはり、SNSで出会ったとなると、何もやましいことはしていなくても噂になりがちです。友人の紹介、合コン、社会人サークルなど適当に濁して説明するという方法もありますが、やはり嘘というのはどこかで破綻して、悪口の元凶になってしまうものです。

しかし、物は言い様です。たとえば「共通の趣味があってSNSのコミュニティで知り合った」というように、まず「趣味」を先に持ってくるだけでだいぶ印象が変わります。あとから困ってしまうことのないよう、差しさわりのない範囲で周囲の理解を得ておくとよいでしょう。

周囲への報告で嘘をつく場合の注意点

どうしてもSNSやネットで知り合ったということを周囲には知られたくないカップルもいるかもしれません。その場合には嘘をつくことになるわけですが、嘘はつき通すことが何よりも大事です。一部の人にだけ本当のことを話すようなことをしては、かえって周囲の好奇心を煽り、悪い噂を広めてしまうことにもなるので注意しましょう。

そもそもSNSやネットだけではなく、合コンで知り合ったカップルも嘘をついていることは多いものです。「友人の紹介」というのがよく使われる嘘ですが「誰が共通の友人なのか?」など、つっこんだことを聞かれたとしても返答することができるように、おふたりでしっかりと話し合っておくようにしてください。

ご両親をはじめとした周囲への報告は上手く行っても、結婚式当日のご新郎ご新婦の「なれそめ」の紹介にヒヤヒヤしているカップルもいるかもしれません。しかし、実際の結婚式でもSNSやネットでの出会いは「共通のご趣味を通じて……」と、サラッと紹介されることが多いようです。司会者の力量が問われるところですし、事前にどうしたいのかしっかりと話し合っておくようにしましょう。

また、ゲストさまから「どんな趣味?」とつっこまれた時に、ご新郎ご新婦が本当に共通の趣味を持っていれば問題ありませんが、特になくても「パソコン関係」といえば嘘ではありません。「英会話」のような無難な例をあげても良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。ビジネスでも趣味でもSNSやネットはなくてはならない存在となりつつあります。そのようなツールを通じて知り合ったからといって、何もはずかしいことはないというのが実際のところなのではないでしょうか。そうとはいっても、やはりストレートに白状することに抵抗を感じるカップルもいるでしょう。伝え方次第では年配の両親などに大変な誤解をされてしまうリスクもあります。友人や同僚の間で妙な噂が広がるのも回避したいものです。言葉を慎重に選びながら、嘘のないように報告するようにしてみてはいかがでしょうか。


entry-ceremony-banner