ご両親へ結婚の挨拶! 手土産のおすすめの品とは?

bonbonniereボンボニエールの焼き菓子詰め合わせ


ご両親のご自宅へと挨拶に行く際には、何かしらの手土産を持参するのが大人のマナーです。フォーマルさが求められる結婚の挨拶ではなおさらこのマナーが大切になります。しかし、どんな手土産を持っていけば良いのか、ご両親に喜んでいただくためにはどのような品物が望ましいのか、考え出すと悩んでしまう方もいるでしょう。無難な物を選べば良いのか、それともご両親の好みに合わせれば良いのか、贈り物のマナーはどうなっているのかなど、さまざまな点に注意して選ぶ必要があります。それでは、結婚の挨拶時における贈り物選びのマナーとコツ、注意点について見ていきましょう。

結婚挨拶での手土産の必要性

結婚の申し出と挨拶は、ご両親に承諾をいただくために誰もが行く通過点のようなものです。法的にも家族になる結婚というイベントはご両家のご両親が納得した上で行われるものであり、当事者間だけの問題になるわけではありませんので、挨拶に伺うのは当然であり、フォーマルなイベントと言えるでしょう。そんなイベントには挨拶時に手土産を持っていくのは社会人ならば当然のマナーとなります。これは結婚の挨拶に限った話ではなく、他人のお家に伺う際には手土産を持っていくときも同じことですので、覚えておきましょう。

手土産を選ぶためにもリサーチをしよう

手土産を選ぶときには、何を選べば良いのか迷うと思いますが、この迷いの理由はいたって単純、相手が喜んでくれなかったらどうしようと不安を感じてしまうからです。「もし持参した手土産が原因で嫌われてしまったらどうしよう」と無意識に考えてしまうがゆえに選びにくさを感じるので、不安を感じないためにも相手の好みをリサーチしておき、喜んでもらえるものを選べる環境を整えておきましょう。

既に相手のご両親と会ったことがあるのならば、会話などの中から好き嫌いをリサーチするのがベストです。しかし初めて顔を合わせて、且つ結婚の報告をしなければならないシーンがあることも事実です。その場合には恋人からご両親の好みを聞いてみるなどして、情報を集めておく必要があります。リサーチしておくことは手土産選びにおいて、絶対条件となりますので、必ずこの過程を忘れないように行ってください。

手土産の品を買う際の注意点

手土産の品を選ぶ際には、すぐに傷んでしまう食べ物はあまりおすすめできません。いただいたものは、もらってからその場で食べたり使用したりするものではなく、ある程度時間を置いてから余裕がある時に食べるのが一般的ですし、何よりも賞味期限や消費期限を相手に気にさせるのは、お手を煩わせることにつながりますので避けた方が良いでしょう。

次に注意したいのは手土産の数量についてです。あまりに多過ぎても「こんなにいらない」と感じてしまうことでしょうし、かといって少なすぎてもいけません。相手のご家族の人数に合わせて適当な数量を用意しておく必要があります。

最後に注意したいことは、相手のご実家近くのお店に置いてある品物は選ばないようにするということです。これは簡単に手に入る物ならばあまりありがたく思わない可能性があるという理由と、手土産の値段がバレてしまうという理由があります。あまりに安い品物だと、ご両親も不満を感じてしまうかもしれませんので、例えば今自分が住んでいる地域の名産品や銘菓などを選んでおいた方が良いでしょう。

結婚挨拶におすすめ手土産の品

結婚の挨拶で選ばれやすく、無難な品物としてまず挙げられるのが洋菓子や和菓子などの詰め合わせになります。お菓子系は好きな人も多いですし、個別に包装されている点も魅力です。果物などの場合には少しだけ食べて、残りはあとに食べるといった食べ方をしにくいものですが、お菓子系ならば日持ちが良いだけでなく、少量ずつ小分けにして食べることもできるため、手土産としても選ばれやすいという特徴があります。ただし、和菓子の場合は生菓子だと日持ちしにくい可能性がありますので注意が必要です。

お酒なども手土産として選ばれることが多いです。お酒は好きな人も多いですし、土地によって地酒がありますので、地元の名産として上等なお酒を持っていくのも有りでしょう。

無難さで言ったら洋菓子、和菓子で、ちょっと捻ってお酒という選択肢があることも覚えておくと良いでしょう。

絶対に選んではいけない手土産の品は?

結婚は、縁が結ばれるイベントで、縁起の良いイベントですので、これとは正反対の「切る」「離れる」といったキーワードを連想させるような手土産は選ばないのがマナーです。煎餅などは「割れる」ことからNGとなります。それでもご両親がお好きなようであれば、割らずに食べられる一口サイズの物を選んだり、一言言い添えたりすることが必要です。また、地域柄によって結婚時にNGな食べ物などがありますので準備段階で、調べておくと良いでしょう。

マナーは相手のことを思いやる気持ちによって誕生したものです。ご両親のお気持ちを汲み取った手土産選びをすれば、恐れることはありません。挨拶の際に好印象を持ってもらうためにも手土産選びは丁寧に行ってください。


entry-ceremony-banner