結納を行う場所はどこが相応しい?

四季の丘seasonswithの丘のふもと石庭の夜景


プロポーズを受けておふたりで結婚の約束をしたら、お互いのご両親にも挨拶をすませて、結婚の約束を公にかわす「結納」へと進むことになります。最近では結納を行わずにご両家の食事会を行って入籍や挙式を行うカップルも少なくありませんが、地域性やより確かに昔からの日本の伝統を大切にした結婚をするのであれば結納は欠かせない儀式になります。

結納は地域ごとにさまざまですが、大体結婚式の3~6ヶ月前頃に行うことが一般的です。そして大切なのが場所選びで、これから長いお付き合いになるご両家の初顔合わせの場に相応しい場所をセッティングしたいものです。ここでは結納を行う場所の選び方をご紹介します。

結納に適した場所とは?

結納は基本的に女性宅で行うものですが現在では会場を借りて行うことも一般的となっており、その場所として選ばれているのは、ホテルや式場・レストラン・料亭などの落ち着いた雰囲気のある場所です。

ホテルや式場は結婚式や披露宴を行っている場所であればまず結納も問題なく行うことができ、中には結納パックが用意されているところもあり知識がなくてもスムーズに終えられ、ハイクオリティな結納を希望する場合は適した施設でしょう。ただしホテルの格などによって費用はさまざまなので高額になる可能性もあります。

そしてレストランの場合は本来の結納の流れを簡略化して結納品は用意せず、指輪の交換と両家の顔合わせ食事会を行うケースがあります。しっかりとした厳かな式を望むご親族がいる場合にはレストランの雰囲気選びにも注意をしましょう。それほど形式を気にしないという話になったとしても、結納を行うからにはカジュアルな雰囲気のレストランは避けておくべきで落ち着きのある高級レストランにて行うことがおすすめです。

高級料亭の落ち着いた雰囲気の中で行う結納もあり、日常から切り離されたような日本庭園が広がるような和風の雰囲気と親しみやすい西洋の雰囲気をどちらも持ち合わせたような施設なら特別感もあり、大切な日にはぴったりの場所になるでしょう。

石庭なら専属コンシェルジュに準備や進行を任せられます。

結納・顔合わせの場所としてもぴったりです。
http://sekitei.seasonswith.jp/betrothal-gift/

部屋を選ぶ際のポイント

結納だからと言って必ずしも和室でなくてはならないという決まりはなく、洋室でも和室でも問題はありません。ポイントは参加する人が狭く感じることなく部屋に入ることができ、全員着席できて身動きもとれることです。カップル同士以外はご両家で初対面の人も少なくないことから、窮屈な思いをすることなくお互いに距離が近すぎるとも感じることなく快適に過ごせる部屋を選びましょう。

それから部屋で会食を行う場合も部屋と同様に和食でなければならないと決まっておらず、そのホテルや料亭などで提供されているコース料理などがちょうど良いでしょう。結納であることをあらかじめ伝えておけばそれに合わせた料理を提供してもらえます。場所によっては例えばフランス料理のコースなどテーブルマナーが必要なところもありますが、和食の要素を取り入れたフレンチのような料理ならテーブルマナーに親しみのあまりない人がいても緊張せず会食を楽しむことができるでしょう。

結納会場の場所をおさえる際のポイント

結納を行うにあたり場所を借りるときは、結婚式や披露宴会場をご両家が集まりやすい場所で行うように結納もご両家から交通の便の良い場所で行いましょう。もしご両家の距離が離れている場合は相談をしてどこで行うかを決めるようにし、どちらか一方にのみ近い場所を勝手に決めてしまうことは避けましょう。もし何か事情があり、男女どちらか宅に近い場所を選びましょうと話がまとまったのであれば構いません。その際遠方から訪れる人が宿泊できる場所の確保も考えておきましょう。

会場を予約する際のポイント

会場を話し合って決定したら予約するときには必ず会場スタッフへ結納を行うための利用であることを伝えておきましょう。あらかじめ目的を伝えておくことで、結納に適した配慮をしてもらうことも期待できます。

例えばホテルや式場などでは結納向けのプランが用意されているところもあり、遠方からご両家が集まって行う場合に宿泊用の個室がセットになったものを紹介してもらえることでしょう。高級レストランなどでの結納の場合別でホテルの手配が必要になりますが、セットプランでは手配の手間を省くことも可能です。

結納はおふたりの結婚の約束を交わす大切な儀式なので、失敗のないように場所選びには気を配って進めていきましょう。そのためにはおふたりがどのような形の結納形式を望むかだけでなくご両家の意向を考えた上で形式を決め、それから内容に合わせた場所選びをすると間違いが少なくどちらとも納得のいく結納となるはずです。

ただ一般的だからという理由だけで結納場所を選んでしまうとあとから問題になるかもしれません。今後良いお付き合いをしていくためにも、結納にふさわしいホテル・式場・高級レストラン・料亭などを選び、無事に結納を進めていくことが大切です。


entry-ceremony-banner