結婚をご両親に反対されてしまった場合の説得方法

乾坤式 両親の反対 説得方法


パートナーとは結婚の話がまとまったとしても、お互いのご両親が納得してくれなければ円満に結婚を進めていくことは難しいでしょう。中には、例え親に反対されたとしても絶対に結婚すると無理に進めようとすることもあるかもしれません。しかし、勢いで進めてしまうとあとになって後悔することもあると考えてからきちんとどう進めるか決めたいものです。ここでは、もし結婚をお互いのご両親から反対されてしまった場合の説得方法について解説します。

結婚を反対されてしまう可能性があるのはどんなとき?

自分の大切な息子娘のおめでたい結婚なので、反対するには必ず親側に何かしらの理由があります。考えられるものとしては、結婚相手と結婚することで将来が不安になる要素を持っていると思われるところがあることもそのひとつです。

具体的には、経済的に安定していない・心配な家庭の事情がある・結婚後の住む場所が遠方や同居の可能性がある・大きく年齢が離れている・若すぎる・職業への不安がある・転勤が多い・授かり婚・離婚歴がある・すでに子供がいるなどといった理由があげられます。こういった点がひとつでもあるとそれをカバーするためにはその他のポイントで大きくカバーし、アピールして相手のご両親を安心させ了承してもらうことが必要でしょう。

厳しいご両親ほど自分たちが考える全ての条件がそろわなければ結婚を承諾できないと言われてしまうことが多いため、きちんと納得してもらえるように説明の準備が必要になります。

反対を押し切って結婚する場合の注意点

どれだけ説得しても親の了承が得られないからと、反対を押し切って結婚してしまおうと考えるカップルもいるのではないでしょうか。しかし、急いで結婚を決めて自分たちだけで進めていくことは将来的に後悔する可能性が高くなるはずです。それにご両親が結婚式へ出席してくれない、顔合わせに参加しないなどの大きな問題が発生することになりかねません。カップルだけで行う挙式などのプランも用意されていますが、お互いのご両親が納得の上でそういったプランを選ぶ場合はよいけれど、反対されていることを理由に自分たちだけで挙式をしてしまって結婚を進めてしまうことは一生悔いが残ることでしょう。ときには勘当を言い渡されてしまうこともあるかもしれません。

結婚を反対するには気持ちが左右している部分が大きく、反対する感情ばかりを刺激するような話し合いや説得を続けているとなかなか結婚を承諾してもらえるような流れに進めることは難しいでしょう。感情に対し、真っ向から感情でぶつかっていくと成功したときは仲を深めやすい可能性がありますがうまく話がまとまらなかったときは逆効果になりかねません。こちらの気持ちをぶつけるだけでなくきちんと納得してもらえるような説明をし、説得した上でおふたりの結婚を進めていくことがこの先に不安が生じたり後悔したりしないためにも必要といえます。

結婚を反対されてしまった場合の説得方法

それぞれのご両親に挨拶にうかがったとき結婚を承諾してもらえなかった場合は、まずなぜ反対されているかの理由をしっかりと把握することがポイントです。それをふまえた上で、ご両親が不安とするところを払拭できるような回答や説明を誠実に行うことでこちらの誠意を見せましょう。その場合、おふたりの結婚した将来が良いイメージをできるように工夫をして説明することです。目に見えず納得しづらいようなら、安心させられるための情報が書かれた書類などを見せることで説得力が増す場合があります。例えば収入に不安を抱かれているようであれば、それに関する数字が提示できるもの、会社がどのようなところで経営状況はどうかなどの資料をそろえてみましょう。

それからご両親以外の人を味方に付ける方法もあり、兄弟姉妹や祖父祖母などのご親戚からも一緒に説得してもらえると心強いでしょう。またはお世話になっている年上の上司や先輩といった公の場でも立場のある第三者による仲介が有効な場合もあります。ご両親どちらかが味方についてくれることは大変心強いですが、そうはいかない場合には他の味方を探し協力してもらいましょう。

また、ご両親の性格によっては何度相談や説得に出向いても一向に話を聞いてもらえない場合もあるでしょう。そのようなときは直接会ってもらえるよう息子や娘側から話をし、パートナーからもまた会ってもらえるようお願いをしたり、ていねいな手紙を出すなどして話し合いの場を設けてもらうことです。

愛した人との結婚をお世話になったご両親に認めてもらえないことはとても残念ですが、会って話す回数を重ねることにより前向きになってくれることも少なくありません。そのため、何度も理性的に説明し結婚承諾のお願いをすることが今後のためにも必要でしょう。ご両親の反対があるからと結婚をあっさり諦めてしまうことも一生悔いが残ることになるので、結婚を許されたときのことを思いつつパートナーと協力してご両親の説得を進めていきましょう。


entry-ceremony-banner