婿養子の結納はどのように行う?

810IMG_9199


婿養子という言葉は、一度くらいは耳にした事があるのではないでしょうか。言葉自体は聞いた事があっても、具体的にどういった意味を持っているか知らない人もいるかと思います。結婚する際に関わってくる可能性がある「婿養子」や「結納」は一体どういう事なのか、自分に関係する事かもしれませんので、前もって理解しておきましょう。

婿養子とは?

現代では一般的に、女性側が男性に嫁ぐという形が多いです。一方で、男性が女性側へお婿さんとして嫁ぐ形もあり、それが一般的に言われる「婿養子」と言われるものです。婿は、籍を入れる際に男性が女性側の姓へ改姓する事を意味しています。そして、婿養子というのは、男性が妻側のご両親へ養子縁組をした上で、入籍される事を言うのです。

婿養子には2種類の形があります。ひとつが「単に妻側の戸籍に入る形」、ふたつ目が「妻の戸籍に入るのに加え、妻側の親と養子縁組になる形」です。これらの違いについてですが、養子縁組をしますと、もし離婚をした場合に、それ以前に離縁の手続きをしていないと、妻側の親が亡くなった時、相続権が発生する事でしょう。離縁の手続きが済んでいないと、法律上では親子関係が継続しているからです。対して、戸籍に入るだけの婿養子ですと、妻側の親が亡くなったとしても、相続権は発生しません。

また、一般的である「男性側の姓に女性が改姓する」方法をとらず、婿養子とするメリットはいくつかあります。ひとつが、先にも述べたように相続権が発生する事です。妻側のご両親より、旦那に相続権が発生します。そうすると、相続人が増える事となりますので、相続税の控除額が増える事になり、これは節税対策として効果があります。男性側からすると、実のご両親との親子関係もありますし、妻側のご両親とも親子関係がありますので、両方から遺産を相続出来る権利を保有するのです。

次に、嫁姑問題が起こりづらい点でしょう。一般的な形通りに、女性がお嫁にいった場合ですと、男性側のお母さんとお嫁さんの関係がこじれやすく、そこに男性は頭を悩ませてしまう事は少なくありません。しかし婿養子となればそのような心配はまずないので安心です。かといってご親族付き合いをおろそかにしてよいわけではなく、男性が妻のご両親とよい関係を築くよう、心がける意識は必要でしょう。

婿養子の場合の結納とは?

結納は、ご両家が婚姻関係を結ぶために、男性側が酒肴を女性側へ持って行き、女性側の家族はお料理を出す事でもてなされる事を言い、これが一般的なものです。これは、女性が男性に嫁ぐ形態の場合に見られる方法なのに対して、婿養子の形態ですと、少し変わってきます。

結納の際には、結納金と言われる結婚準備金が、男性側から女性側へと贈られます。婿養子となりますと、これが逆となり、女性側から男性側へと結納金が贈られる事となるのです。また、結納品と言われる記念品も本来は男性から女性へと贈られるものではありますが、婿養子ですとこれもまた逆になり、女性側から男性側へと贈られます。

結納金の相場

女性が男性へと嫁ぐ場合、結納金の相場は家庭の事情にもよりますが、50万円から100万円が相場です。特に、「1本」や「一包み」といった表現される事があるように、金額にキリのよさを意識される事があります。ご両親からの経済的なサポートがない場合には、自分たちのお金で50万円の結納金を用意する事もあるのです。

婿養子の場合、この結納金の相場が若干変わります。婿をもらう場合ですと、一般的な嫁をもらう形に比べて、2倍から3倍が用意される事も少なくないようです。つまり、100万円から300万円ほどの結納金が用意されるという事でしょう。

結納の飾りにも配慮を

婿養子であっても、結納の際に用意されるものはほとんど変わりませんが、結納の飾りには、少なからず配慮する事が望ましいです。嫁をもらう形態ですと、赤色を使った飾りが施されている事が多いのですが、婿養子の場合は、青やグリーンなどの男性寄りの色を意識するとよいでしょう。また、結納における飾りは、地域によって差が出る事もしばしばあるようです。しきたりを意識しつつ、準備される事をおすすめします。

婿養子とは一体どういう意味なのか、おおよそ理解できたかと思います。一般的には、女性側に男の兄弟がいなかったり、後継ぎがいなかったりするなどの理由で、婿養子として籍を入れる事があります。夫婦間だけで話し合って決める事ではなく、ご親族を交えて決定するべき事でもあるのです。それらのような特別な事情があると、婿養子とした形態を取り入れられる事が多いです。特に、一人娘のご家庭ですと、嫁いでしまうと後継ぎがいなくなってしまいますので、婿養子をされる事も少なくないでしょう。場合によっては、ご自身にとって全く無縁な話ではないかもしれませんので、もし女性側のご親族と婿養子の話が出た際には、正しく準備を進めていきましょう。”


entry-ceremony-banner