結納や顔合わせ時の食事代の支払いは誰がすべき?

四季の丘のふもと別邸「石庭」の入口


プロポーズされておふたりで結婚の話がまとまったらお互いのご両親に挨拶をすませます。そして公に結婚の約束をする結納を行うことになりますが、結納や両家顔合わせ食事会をするには男性側の自宅で行う場合やホテルなどを借りて行う場合にも必ず費用が発生します。ではこの費用は誰が支払うものなのでしょうか。ここでは結納や顔合わせ食事会にかかる費用の支払いはどうするかについて解説します。

結納や顔合わせの支払いは誰がするのが一般的?

結納はおふたりの結婚を公に約束するもので、顔合わせ食事会はお互いのご両親を招待する形で開くことが多いため現在はカップルおふたりが費用を負担することが多くなっています。結納は地域にもよりますが、まず結納金を男性側へ贈り女性側は結納返しを贈ることが一般的です。このときの費用負担をご新郎ご新婦が行う場合が増えていますが、場合によっては家へ嫁ぐということから男性側のご両親が結納金を渡し、女性側のご両親が結納返しを贈るというケースも少なくありません。どの場合にしても、ご両家でどのやり方をとるのがベストかを考え、迷ってしまったら一般的な方法を参考にするとスムーズに事が運びやすいでしょう。

結納、顔合わせ食事会にかかる費用

結納や顔合わせ食事会をホテル・式場・高級レストラン・料亭などを借りて行う場合はそれぞれの会場やメニューの内容などによってかかる費用は大きく違ってきますが、おひとり当たり1万円程度が相場となっています。総額の平均は14万円程度なので、カップルとそれぞれのご両親とご兄弟が集まったとすればちょうど一人当たり1万円ほどの内容が適しているでしょう。

もしご両家が離れており遠方で結納や顔合わせ食事会を開くことになれば食事代のほかに交通費や宿泊費も必要になってきます。お互いのちょうど中間地点で交通の便が良い場所を選び、交通費や宿泊費はお互いが負担する方法や、どちらかの家に近い方で行いその分来てもらった方が食事代を負担するなどといった配慮の仕方をしましょう。

そして結納を行うときは結納品の準備にも費用がかかりますが、結納品または結納金は男性側が用意することが一般的となっており、相場は100万円程度です。女性側は結納返しを贈ることになっていますが結納品の50%程度が相場となっています。もしくはお互いが結納品を贈り合うというやり方も地域によっては存在するので、どちらにしても結納で贈る品の費用は必要でしょう。

支払いのパターンにはどのようなものがある?

結納や顔合わせ食事会に関わる人がさまざまにいることから、支払いパターンも多様になることが考えられます。それではそれぞれの費用支払いパターンについてのマナーや注意点をご紹介します。

おふたりで折半して支払う場合

まず現在最も多くなっている、結納や顔合わせ食事会費用をおふたりで折半をする場合は事前に自分たちが支払う旨をお互いのご両親に伝えておくようにしましょう。当日の支払いの場になってから伝えていたのでは手間取ったりご両親に恥ずかしい思いをさせたりする可能性があるため、会場へ来る前までには自分たちで支払いをしたいと話しておくことが大切です。どちらかの両親だけ支払いについて聞かされていなかった場合、もしかすると悪い印象を抱いてしまうかもしれないため、ご新郎ご新婦はきちんと伝えてあるかお互いに確認しておくことも大切です。

パートナーが支払う場合

結納は迎える側が行うことが多いということから顔合わせ食事会についてもパートナーが支払う場合もあります。この場合も事前にお互いのご両親へ伝えておき、ご両親は招待をする形になっていることを話しておきましょう。

どちらかのご両親が支払う場合

どちらかのご両親が費用を支払う場合もあり結納であれば迎える側が費用を負担して行うことが多いものの、顔合わせ食事会ではご両家どちらもが負担すると言い合うこともあります。そのため、どちらかのご両親が負担することを考える場合には事前に話し合って決めておくことがおすすめです。やはりこちらも支払いをしたいと途中で意見を変えると再び話がもめる可能性があるため、負担してもらうことが決まった場合には後日別の形でお返しをするという方法をとってはいかがでしょうか。

ご両親同士が支払う場合

最後にお互いのご両親同士が折半する場合は結納でも顔合わせ食事会でもどちらもあるケースです。ホテルや式場を使っての顔合わせ食事会では折半することも多いですが、どちらかが遠方から訪れる場合にはその交通費や宿泊費も考慮して折半でも良いかどうか確認しておきましょう。

結納や顔合わせ食事会にかかる費用の支払いは避けられないことなので、気持ちよくスムーズに話を進めまとめることでそのあとの式準備やご両家のお付き合いをしやすいものにしてくれるでしょう。そのためにはご新郎ご新婦がお互いよくチェックをしてお互いのご両親と相談した内容を把握しあっておくこともポイントになります。普段あまりご両親と会話をする機会がないからと遠慮してしまいがちな人も、勇気を出して相談をしていきましょう。


entry-ceremony-banner