寿退職をする場合の時期はいつが最適?

四季の丘:寿退職の良い時期 ウエディングドレス


結婚が決まったとき、今の仕事をそのまま続けるか退職するか考えることになるでしょう。もし寿退職をすると決めたときは会社にその旨をきちんと伝えておく必要があります。しかし退職予定日が迫ってから急に退職届を出すやり方では職場に迷惑がかかり、後味の悪い退職の仕方になってしまうため、できるだけスムーズに次の人への引き継ぎも済ませてから退職をしたいものです。ここでは円満に寿退職をするために必要なポイントについて解説します。

寿退職を伝えるベストな時期は?

寿退社を勤務先へ報告するのに適した時期は、退職予定月の3ヶ月ほど前または結婚する3ヶ月ほど前です。結婚式を挙げる3ヶ月前といえば既に結納を終えていることが多く、結婚式や披露宴、二次会などについての話し合いも進んでいる頃であるため、職場へ結婚報告も詳しく行いやすく、その頃になれば寿退職するかどうかも決定しているはずです。

しかし社内の繁忙期や大きなプロジェクトが動いているときに退職することはできるだけ避け、仕事が落ち着いた頃に寿退職できるように配慮すると会社の人たちに迷惑をかける心配を少なくすることができるでしょう。退職を希望するとの報告を伝えると会社側ではあらゆる手続きが必要になることからも、繁忙期などは避けておくことがポイントです。

寿退職を伝える際の注意点

寿退職を希望することを伝える相手はまず直属の上司からですが、その前に仲の良い同僚などに結婚するため寿退職を希望していることを話してしまうこともあるでしょう。ですがいくらまだ周りには黙っておいて欲しいと言っても、先に噂となって上司へ伝わってしまう可能性があります。それでは上司の印象があまり良くないので、同僚への結婚報告よりも先に直属の上司には最初に伝えるくらいに思っておきましょう。

直属の上司は部下への仕事の分担や他部署との連携などの対策を取る必要があるため、部下の寿退職のことを早めに知ってその人の関わっている業務などの調整をしなくてはなりません。寿退職するにあたっていろいろと手間をかけることになるであろう上司なので、まず先に結婚報告をすることがマナーと言えます。よりスムーズに後味を悪くせず退職するためにも大切なポイントとなります。

それに上司へ報告をすれば職場全体への結婚報告と寿退社の意向を話せる機会を作ってもらえる可能性が高いため、結婚を個人的に報告しづらい同僚などにもまとめて知らせることができるメリットもあります。タイミングや伝える相手を考えて寿退職を報告しましょう。

寿退職が決定してから必ずやるべきこと

結婚を機に退職すると決めてから直属の上司へ連絡をすることの他に、やらなくてはいけないことがいくつもあります。会社に勤めていればその従業員であり会社とのつながりや一緒に働く人たちとのつながり、また取引先との関係などあらゆる組織や人との関係を持っているでしょう。そのため、ひとつひとつに対してきちんとけじめをつけていく必要があります。これまでお世話になってきた会社だからこそ、感謝の気持ちをこめて迷惑をかけないようにスムーズに退職したいものです。

具体的な寿退職の準備としては退職届の準備があります。退職届は退職願とは違って既に話し合いで退職することを承諾してもらっている場合に提出するものです。口頭で退職の意志表示をして受け入れられればそれで退職は可能ですが、形としてきちんと示すためにも退職届は必要なので用意しておきましょう。

それから自分の担当している仕事を次の人や同僚へ引き継ぐことも忘れないようにし、自分が辞めたあとも業務がとどこおりなく回るように配慮し、取引先などには担当者が交代する旨を伝えるために直接挨拶することが必要です。よりお世話になった人に対しては菓子折りを持って挨拶に出向くようにするときちんとした区切りがつけられます。もし関わりのある人が非常に多い場合はより近くの人をのぞいてメールで挨拶を済ませる方法もあります。また、自分のデスクやロッカーを持っている場合は少しずつ物の整理をして最後にまとめて片づけるようなことにならないよう、計画的に片づけていきましょう。

結婚式や披露宴に会社の人を呼ぶ場合や、誰を呼べばよいか迷ったときには上司に相談してみることです。そして式へ呼べなかった人へは2次会にお誘いするなどの配慮も行っておきましょう。

結婚を機に仕事を辞める寿退職はとてもおめでたいことですが、自分本位になってしまわず、周りの方に配慮をして進めていくことがポイントです。円満退職をするためには、結婚報告の時期や誰から順に報告していくかという順序などでは特に気を配る必要があります。いくらもうやめる仕事だからといって業務の引き継ぎや退職の挨拶を適当にすることなく、感謝の気持ちをこめて最後まできちんとするべきことを済ませておきましょう。結婚式に会社の人を呼ぶのであればなおさら円満な退職ができるように心遣いを忘れないことです。


entry-ceremony-banner