結婚の挨拶に行く際の服装のマナー【女性編】

四季の丘seasonswithの花嫁とブライズメイドイメージ


巷ではよく「TPOをわきまえて」という言葉が耳に入るものですが、時や場所や場合に合わせた服装を選ぶことは悩むものですし、難しいと感じる方も多いでしょう。好きな服で結婚の挨拶に行けるのならば楽ですが、相手のご両親に結婚の挨拶に行くというシーンでは、ご両親に結婚の承諾していただくためにも、ある程度自分の好みは捨てていかなければなりません。それでは、具体的にどのような服装ならばTPOをわきまえた服装と取られるのでしょうか。結婚の挨拶に行く際の女性の服装のマナーをご紹介しますので参考にしてください。

服装の基本マナー

結婚の挨拶のために彼のご両親に会うというシーンでは、それなりの誠意を表す必要があり、そのためには自分好みの服装だけではなく、誠意の感じられる身なりに整えなければなりません。女性の皆さんがどんなに魅力的なファッションセンスを持っていたとしても、それとこれとは話は別ですので注意してください。

挨拶時における基本的なマナーとしては、セミフォーマルな服装を選ぶことが大前提になります。スーツなどのようにかっちりとしたフォーマルさの認められる服装でも良いですが、そこからワンランク下の堅すぎない服装がおすすめです。

セミフォーマルの服装の例で言うと、スカートはタイトなものが基本です。挨拶は正座で行うことも考えられますし、露出があまりに多いスカートは不相応な服装になりますので、スカート丈は短すぎないものを選ぶのがベストです。

靴については、カジュアルなスニーカーやファッショナブルな高いヒールやブーツなど、派手なものではなく、シンプルなものを選ぶのが基本です。この他の小物やバッグ、アクセサリーについても同様に、派手過ぎてしまう物はできるだけ避け、清楚さと貞潔さ、気品のある格好を意識して服装選びや小物選びを進めていくと相応なコーディネートに仕上がります。

どんな服装が無難?

結婚の挨拶は、結婚式のように大勢の人が集まる場所でもありませんので、フォーマルな格好にする必要はありません。

セミフォーマルな服装をこれまでおすすめしてきましたが、フォーマルな格好でも悪いわけではなく、スーツを着用して挨拶に行けば、それだけ礼節に関してきっちりとした人であると、見た目で判断されることになりますので、問題はないのです。どうしても着る服が決められない……といった場合にはスーツを選んでみると良いでしょう。

無難な服装を目指したいのであれば、ワンピースやオフィスカジュアルな服装がおすすめです。もちろんスカート丈が短かったり派手なデザインだったりするワンピースは問題ですが、シンプルにおしゃれなワンピースならば問題ありません。その点、オフィスカジュアルは派手過ぎないことが前提のファッションですので、一言で言うならばオフィスカジュアルな服装を選ぶのが無難でしょう。

どんな色がふさわしい?

服装選びは色についても派手過ぎない色をチョイスするのがベターです。相手からの印象を損なわない程度に綺麗な格好を目指したコーディネートならばより良いです。暗過ぎてしまう色合いを選んでしまうと、あなたの持つせっかくの魅力的な華やかさが損なわれてしまい、印象も悪くなってしまいがちですので、暗めな色は避けておいた方が良いでしょう。

具体的には清楚感の現われる白、ベージュがおすすめです。暗めの色ならばネイビー程度の色合いなら許容範囲内となります。淡い色合いの物は物腰が柔らかな印象を受けるので、パステルカラーの色が使用されている洋服を選ぶのも良いです。

一方でNGな色としては、黒が挙げられます。全身黒のコーディネートは一見引き締まって見えますし、おしゃれですが、日本の場合は古くから黒は喪服のように悪いことが起きたときに使用する色となりますので、結婚のようなお祝いごととは正反対の意味合いになってしまいます。デザインの一部分に黒が使用されている程度ならば問題ありませんが、黒を基調としたデザインは基本的に避けておいた方が良いでしょう。

絶対に避けるべき服装やコーディネート

カジュアル過ぎる格好、黒いコーディネート、靴についてはサンダルなどのラフなものは絶対に避けるようにしてください。また、小物についても派手なデザインのバッグや派手なアクセサリーは避けておいた方が無難です。ブランド品を気品も漂わせることなく使用している人は、自己顕示欲が強く浪費家といったマイナスなイメージを持たれてしまうことがありますので注意が必要です。

また、せっかくTPOをわきませた服装をしていても、ネイルデザインが派手であったり、メイクが濃すぎてしまっては、服装と不釣り合いになってしまいますので、挨拶に行くまでにはきちんと準備しておくことも大切です。

彼のご両親に挨拶に行くというシーンにおいては、派手過ぎず、地味過ぎない、誠実で貞潔で気品に富んだ服装が見た目から受ける印象が良いので、感覚の微調整をしておき、不安ならば自分のご両親に相談してみたり、年上の人に相談して判断してもらったりすることも試してみましょう。


entry-ceremony-banner