ご両家の顔合わせは兄弟は呼んでも良い?

81020170615_70266


結婚が決まったら、ご両家が集まって親睦を深める「ご両家顔合わせ」をしましょう。顔合わせ食事会にはご両親だけではなく兄弟姉妹も呼びたいと考えるカップルも多いかもしれませんが、それはマナーとしては問題ないのでしょうか。気になる顔合わせ食事会について解説します。

ご両家の顔合わせに兄弟を呼んでも良い?

たとえば、結納にはご新郎ご新婦とご両親のみと参加者は厳格に決まっています。しかし、顔合わせ食事会には特にこれといったルールはありません。結婚前の場合は基本的にご両親のみとされていますが、兄弟との関係によっては同席してもらっても問題はないといえるでしょう。

もし問題がないようであれば、都合のつく兄弟にはむしろぜひ顔合わせ食事会に参加してもらいましょう。おふたりの人となりを理解しているのは兄弟姉妹ともいえます。ご両親だけでは会話も途切れてしまいがちですが、子どもの頃の兄弟姉妹ならではのエピソードを披露して場をなごませてくれるかもしれません。

すでに兄弟姉妹が結婚していて配偶者やお子さまがいるならば、一緒に出席しても構わないでしょう。子ども連れOKのレストランの個室などを予約して、気兼ねなく過ごせるひとときを演出してみてはいかがでしょうか。

兄弟を呼ぶ場合の注意点

顔合わせ食事会に兄弟姉妹を呼ぶ際には、ドレスコードにも気を配ってもらうようにお願いしておいてください。学生ならば制服がふさわしいでしょう。社会人ならばきちんとした格好を心がけたいところですが、顔合わせ食事会の主役は婚約しているおふたりなので、それよりも派手な服装にならないように注意しなければいけません。

ご新郎の服装はブラック、紺、グレーなどのスーツ、白などの色の薄いシャツ、シンプルなネクタイといったものになりますが、兄弟もこれに準じるような服装にしましょう。和食の席では靴を脱ぐこともあるので、うっかり穴の開いた靴下を履いていかないように注意してください。

ご新婦は膝丈のワンピースかスーツで、お祝いの席らしい明るい色合いのものを選びます。和装ならば訪問着、色無地紋付、色留袖などの少しくだけたフォーマルにふさわしい略礼装にしましょう。五つ紋では格が高すぎるので、三つ紋か一つ紋がおすすめです。姉妹も同じような服装を心がけましょう。振り袖を着たいという人もいるかもしれませんが、本来的には第一礼装なので顔合わせ食事会にはあらたまりすぎです。しかし「振り袖を着ていったら義両親が喜んだ」という声もあるので、臨機応変に考えてみましょう。ただ、おひとりだけ振り袖で派手に浮いてしまうのはおすすめできません。それならば姉妹で着用して場を華やかに盛り上げるのも良いでしょう。

兄弟の席順はどうする?

顔合わせ食事会では、席順にも注意しなければいけません。入り口から遠い方の上座に両家の父、その隣に母、さらにその隣に兄弟姉妹が上から順に並び、入り口に一番誓い下座にご新郎ご新婦が座るようにしましょう。ご新郎の前にはご新婦、ご新郎の父の前にはご新婦の父、ご新郎の母の前にはご新婦の母というように必ず向かい合わせになるようにしなければいけません。

もし、兄弟姉妹が結婚していて配偶者や子どもがいるならば、それぞれの兄弟姉妹の隣に座ってもらうようにした方が紹介もスムーズに行うことができるでしょう。ただし、子どもがまだ小さくて動き回りそうといった状況下では、ルールよりも全員の過ごしやすさを優先するようにしてください。

顔合わせに兄弟を呼ぶ際の注意点

もし、ご新郎ご新婦ともに兄弟姉妹がいるならば、どちらか一方ではなくご両家の兄弟姉妹を呼ぶのが理想です。しかし、遠方に住んでいて都合がつかない等の事情もあるかもしれませんし、必ずしも全員が出席しなければいけないというものでもありません。また、たとえどちらか一方がひとりっ子だったとしても、これからは義兄弟姉妹になるわけですから、むしろ積極的に顔合わせをしてみてはいかがでしょうか。

結婚式でも兄弟姉妹を紹介する時間はあります。しかし、何かとバタバタしている結婚式当日に初めて会ってもあまり印象に残らない可能性もあります。できれば事前の顔合わせ食事会でお互いの親睦を深めておきたいところです。特に兄弟姉妹にすでに配偶者と子どもがいるような場合には、結婚式当日だけで全員を記憶するのは無理といってもいいでしょう。顔合わせ食事会を有効に使ってみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか。以上のように顔合わせ食事会にはお互いのご両親だけではなく兄弟姉妹を招くことができます。むしろ、兄弟姉妹やそのご家族と親しくなっておく絶好の機会ともいえるかもしれません。結婚式では姪っ子や甥っ子にリングボーイやリングガールをお願いすればかわいい演出になります。まず、顔合わせ食事会で知り合っておけば、お願いしやすいのではないでしょうか。アットホームな結婚式にするためにも、顔合わせ食事会を通じて両家が親しくなっておくことはとても大事なことです。ぜひ、計画してみてください。


entry-ceremony-banner