婚姻届の証人は誰に頼むもの?

メゾン・ド・フォレスト:婚姻届けの証人は誰に頼むもの


婚姻届には「証人」という欄がありますが、この証人にはご両親やご親族でなくても誰でもなれるのです。証人といっても、実は名前を書いて捺印するだけの簡単なもの。おふたりに結婚する意志があることを証人になってくれればよいのです。この婚姻届の証人は、いったいどれくらい大切な役割で、どんな人にお願いすればよいのでしょうか。

婚姻届の証人は何のために必要?

婚姻届に証人が必要なのは、おふたりが互いに結婚する意志があるかを証明すること。どちらかが一方的に結婚したくて、証人にサインしてもらい婚姻届を出すといったトラブルを防ぐためにも、“おふたりの同意の下”という証明をするためのものです。

よく間違われるのが「保証人」ですが、この婚姻届の「証人」と「保証人」は全く別のものです。結婚したおふたりにトラブルがあったり、たとえ借金したりしても、関係がなく責任を取る必要はありません。もちろん、おふたりが離婚する場合にも関わることも巻き込まれることもありません。

婚姻届の証人は誰にすべき?

婚姻届の証人の欄に署名と捺印をもらうのは、必ずしもご両親やご兄弟、ご親族でなくても誰でもよいのです。条件は成人であること。そして、おふたりが結婚する意志があることを理解していればよいのです。

つまり、ご友人でも先輩でも上司でも誰でも大丈夫なので、ほとんどの人がまずはご家族に祝福されたいとご両親やご兄弟に頼むことが多いようです。最も多いのが、お互いのご両親からおひとりずつ(主に父親)証人になってもらうパターン。子どもの婚姻届にサインをするときのご両親の気持ちを考えると、できるだけそうしてあげたいものです。また、おふたりをよく知っている付き合いのある親友やご友人にお願いするのもよいでしょう。そういったご友人は、心の底からご新郎ご新婦の門出を祝福してくれる大切な存在です。

またご両親が遠くにいてなかなか出向けない時には、とくに社内結婚カップルなどはお世話になっている上司に婚姻届の証人を頼むこともあります。職場恋愛なら仲のよい先輩に証人をお願いしてもよいかもしれません。

証人は何人必要?

おふたりに結婚する意志があることがわかっており、成人を過ぎている証人はおふたり必要となります。おひとりだけでは受領されないので、必ずおふたりの署名と捺印が必要です。

証人になる人は自身の署名と生年月日、住所、本籍地(戸籍が管理されている場所)を記入した後に捺印します。この本籍地を知らない人も結構おり、自分が住んでいる市町村と思って記入すると、違うと言った場合もあります。本籍地がどこか自信がない場合は、あらかじめご家族の方に聞いておきましょう。

証人を頼む際のマナー

婚姻届は署名と捺印の簡単なものですが、いくらご家族や親しいご友人とはいえ、証人になってもうら前にはいくつかマナーがあります。最も大事なことは、自分たちが記載すべき欄は全て記入を済ませておくことです。証人はおふたりの意志を確かめてから署名する意味合いがあるため、証人の署名等は全て記入された後に、行われるべきなのです。また、証人になってもらうときにきちんと手土産などを持参して挨拶するカップルもいるようです。特にご両親には、今まで育ててもらったお礼と感謝の気持ちをプレゼントにして渡すよい機会となるでしょう。

ご家族はもちろん、ご友人や上司、先輩などに婚姻届の証人をお願いするときは、その場所でお土産などのお礼を渡すのもよいのですが、「無事に婚姻届を提出しました。その節はありがとうございました」と後日渡しに行ったり、電話でお礼を伝えた後に贈ったりするのがよいでしょう。お菓子程度でよいので、できるだけ直接渡すことができると、証人になってくれた人も、これからの結婚生活をより応援してくれそうです。

証人として頼める人がいない場合はどうしたらよい?

20歳を超えていて、おふたりの結婚する意志をわかってくれている人であれば誰でもよい証人ですが、ご両親ご兄弟がいなかったり、疎遠になっていたり、頼めるご友人がいないカップルもいます。それでも、婚姻届には必ず2人の証人が必要で、その欄に2人の署名と捺印がないと受領されません。

そんなときは証人の代行サービスを利用するとよいでしょう。司法書士や行政書士がそういったサービスを行っていることもあり、たかが簡単な捺印と署名でも、信頼できる人に頼みたいものです。

また婚姻や縁組の保証代行を専門的に行っている業者もあります。婚姻届に2名証人になってもらっても数千円程度で済みますので、知り合いに頼んでお礼などを考えると安上がりとそういったサービスを利用する人も増えているようです。婚姻届の提出を急いでいる人は、「スピーディー」をウリにしている証人代行サービスを探してみるのもよいでしょう。

婚姻届は「たかが紙切れ」かもしれません。しかし、結婚する人にとっては、とても緊張する作業で、証人になるほうも嬉しい気持ちで署名することになります。できるだけ温かい気持ちでこころよく証人になってくれる近しい人にお願いして、幸せを実感しながら婚姻届を提出したいものですね。


entry-ceremony-banner